雑記

Untitled

2018/04/08
/ / /
Comments Closed

きのう、今日と、
風がつよくて秋のような仄切なさを感じますが、
お花見シーズンもオフとなり、八重桜のころとなりました。
ヨシノソメイ、てDCみたいですね。ピンクのニットソーでペアルックも素敵!

中学校だったか、国語の教科書でおなじみの大岡信さん著『言葉の力』。
桜は樹皮から桜色である。
この季を期におもい出す方もすくなくないのではないでしょうか(要約が粗雑ですが)。

お花見にひっかけてさがすと、
缶ビールの外身と中身は(ほとんど)色がちがいます。
ゆで卵は途中までいっしょですが、ラストはちがいます。ゆでずに混ぜると、ちがいます。
これは混色の法則に由来するのでしょうが、黄色のほうが生命をもっているということも、おもい巡らせてしまいます。
から揚げはカラだけちがう。揚げすぎるといっしょになりますが。ということはタンパク質にとって黒色の意味が特別なものにおもえてきます。
レモンをしぼって光をとおすと、その色はうっすらレモンです。トマトはどこまでトマトでしょうか。

もう長いこと、歌詞に嘘がないか、を気にしています。
世の歌詞すべてノンフィクションなわけもありませんし、よもやそこを嘘とはおもいませんが、
つかいたい言葉やテンプレートを最優先にしてしまい「ああ自分、嘘言ってるな」と、ゲンナリすることも。
こないだ神戸でミツミさんと、曲で人わかるよね、という話をしました。
ひとの、特定の部分については、曲(歌)のほうが雄弁だとも、おもいます。
歌のほうが感情的だし、感情をより出して許されるのも歌だとおもいます。
このとき、意味づけされた感情であっては、その音楽鑑賞の目的がまるでちがってくる、そうおもいます(良悪不問)。
「まず届いて、伝わること」と話すミツミさんの歌詞はなるほど、淀みやまどろっこしさを感じさせません。
歌っていい言葉と話していい言葉、この分別がいいな、と唸りながら新譜を聴いています。

私のからだ、皮膚と血とは違う色です。混ぜるとどんな色になるのかな。
自分の歌は自分のものだろうか。自分のからだから出たものだろうか。
そのとき、自分のどこを切っても、その歌に染まっているだろうか。
葉桜となったYoshino Someiの夜道をさんぽしながら、こころの中につくしんぼをみつけた春です。

別件ですが昨夜、財布を忘れて呑みにいきました。
一昨日のよるは小銭しかないのに呑みにいきました。
さいきん前髪が長くて揚げているのですが、そのせいでサザエさんの霊がやどってるのかも、とおもいました。
サザエさん1946年で24歳とのことですので、96歳だったらまだ生霊かなあ。どうおもいます?
どうおもいます皆さん?

Read More

ファッションチェックは耳から

2018/04/01
/ / /
Comments Closed

皆さんが仰るとおり、ファッションにはややこしい拘りをもつ私ですが、
褒め言葉としての『お洒落』とはもうずいぶん前に喧嘩別れをしています。
なので他人様のファッションを注視することもありません。
先日まではそうでした。

ショッピングモールで迷子のアナウンス。
お子様の見た目を客観的にアナウンス。
…この色合わせはちょっと…いただけないな…。
顎に手、の自分が居りました。
ハッとして、いそいそと退出。

これが自分のゲートを開いてしまったようで、
ニュースでも「被告は黒いジャケットで証言台に…」とかありますよね。
顎に手、で聴いています。

皆様、どうかお願いです。
もし私が貴方の前で顎に手をやるようなことがあったら、
その時はその手で私を…私のことを、私の耳を塞いでください。

Read More

欠くべからざる、ニュアンス

2018/03/24
/ / /
Comments Closed

よく行くカレー専門店。
店のまえを通ると、カレースナックの匂いがした。

わたしたちの暮らしのなかでカレーはもはやポピュラリティを超えてしまった。
壁の漆喰に練り込まれたり、柔軟剤に採用される日も近いだろう。
ちなみにわたしは花粉症ではない。

Read More

『予定』更新しました

2018/03/13
/ / /
Comments Closed

AIだって発芽する春、あたたかいですね。
酒屋さんの駐車場にオジサマが床座して、酒盛りしてました。
居酒屋のルーツをみた気がしました。
公園ではご家族がお弁当をひろげて、花見ならぬ枝見。
わかりますわかります。わたしも一杯、飲っちゃいました。
度数たかめのユーロビールで、ほろ酔いながらのお知らせです。

3/18 @徳島秋田町
3/25 @神戸元町

どちらもグランドイベントです。
徳島はロックストリート。
神戸では2マン、お相手は以前にも徳島で主催に出ていただいた
ハニィさんあらため『和みつみ』さんです。
どちらでも新しい曲ができそうです。
詳細は『予定』にて!曲つくってるからこのへんで!

(3/17更新)
日付、訂正しました。
酔ってましたすみません。

Read More

Untitled

2018/03/09
/ / /
Comments Closed

暦のうえでも春ですね
この冬は豪雪で、いたましいニュースも耳にしましたが
自分にかぎっていえば、無知の強みで、
どうせ寒いなら雪でもふってくれれば紛れるのに
なんて呑気なことを毎年のたびに口ずさんでいます。

それとおなじ理由で、嬉しいことがありました。
夕方の県道をあるいていると、路上を新聞紙が走っているではありませんか。春風のしわざです。
わたしのなかを途端に、緊張がめぐりました。
意識しない、意識しない…と彼奴を見ぬよう歩をすすめるわたしの脚に…
『ガサッ』
やった!風にあおられて新聞紙がまとわりついた!

どうせ強風ならタンブルウィードのひとつでも、と口走っているわたしに、
春のニュースまつりプレゼント。もちろん、ひろいよみ。
地元大企業の倒産か、株価大暴落か…どれどれ。

全面サプリメントでした。
風が吹けばサプリが儲かる、そのルーツをみた、そんな気がしました。

Read More

君がくれたもの

2018/02/27
/ / /
Comments Closed

君がくれた、たくさんの袋、おしぼり。
水面をいろどるたくさんの硬貨は通貨としてこそちいさいが、枚数がやけにおおい。

僕がそこでながくすごしていたことを証す、白くてながい紙。
ところどころ黒が差している。

世界じゅうの夜光虫をつめこんだショウルームは
夜という路地をぬけてきた泥を漂白してしまう。
あるものは用を足し、あるものは退屈を求め、
またあるものは湯気のたつ小籠包に辛子と酢醤油をつける。

君がくれたもの。
かわらない挨拶とポイント。

Read More

間違え易い男

2018/02/12
/ / /
Comments Closed

事実上の『お見合いパーティー』みたいな会にて
男女が交わす言葉の一端
「お若いんですね、自分なんてすっかりオジさんでハハ…」
「でもあたし、年上がタイプなんですよぅ。」
「じゃ相性いいかもですね!自分も年上がタイプなので」

そんな会に行ってきた、と
異性の友人に報告する男
「…で参加した飲み会が実はお見合いパーティーでして」
「えーショック!キミにはそうゆうトコ、行ってほしくないなぁ。」
「じゃあ貴方、私とお見合いしてくれるってゆうんですか」

間違いは誰にも起こる。
間違えずに生きることは不自然だが
間違えずに生きようとすることは自然な営みだ。

Read More

Untitled

2018/02/08
/ / /
Comments Closed

珈琲屋さんで牛乳を注文してみたが、
そこは普通に牛乳だった。
自分の甘さを痛感した。

2月。乳搾りの春はすぐそこ。

Read More