雑記

Lie

2019/02/15
/ / /
Comments Closed

そういや小学生のとき、
『鶏肉をたべたことのないひとは鳥肌がたたない』
っていう言いつたえがあったな。

あれ、いまにして思うに、きっとうそだな。

Read More

まいど馬鹿馬鹿しい話をちょこっと

2019/02/14
/ / /
Comments Closed

世がダークブラウンに浮かれる今日、2/14。
父からメールがきた。

掃除をした、綺麗になった。
といって画像を送ってきた。
髪型かえた〜くらいの気軽さで送ってきた。
きっと父なりのインスタ的活動なのであろう。

大便ルームの孤独感に耐えかねたせいで、画像をみてしまった。
お墓だった。
私の父は、バレンタインに、墓石を磨いて、その画像を息子とシェアする、インスタ風じじいだった。

Read More

月や月 ニットかぶせる 川面かな

2019/02/14
/ / /
Comments Closed

先月のこと。
月がきれいだったので散歩をしていた。
のちのちきくところに超月(スーパームーン)だったとのこと。
つきなみに、月のなかに兎をさがす。

きっと…あれが耳だな。
あれが二のうで、あれが爪、あれは袖口であれは襟。
秋もののトレンチをまとう月兎、2018AWのしろい紳士だ。

ハンドメイドのわくわく感で満たされて帰宅、どうやら帽子なくした。
もうあうことないんだろうな…っていう人からいただいたもの。
いただきものだから、ということよりも、
いただいたってこと忘れれてたくらい馴染んでいたのだ。ひどく動揺した。

ミニマル、断捨離、といえばもはや落葉めいているかもだが、
ちょうどここのところ、50シルク以上ある帽子を友人に配布していたところだった。
めがねは(鼻メガネ含めて)20ボーンくらい。
洋服もまあいわずもがなで、ある梅雨時期、高価なジャケットがカビていた。
自分のキャパをこえているな、とこと切れた。
パイプの折れそうなクローゼットには風のすきまなどなく、
そのくせぶ厚いハンガーが、なによりスパイシーだった。

えいや、と意を決した。売ってほって売って、そしてほって。
時間はかかったが、かかった衣類はなくなった。
排水溝の落葉をはらったように、血が水が、ながれはじめた。
脳内でグレーがかったビフォアのクローゼットを、他人のコレクションのように一覧し、呼吸をひとつ。
もちろん正解はないが、じぶんにとってはいまが最高だ。
人生なんていつもそうだ。らったった。

そして今日。帽子が見つかったらしい。
落ちが弱い。じぶんの人生いつもそうだ。あまたの布と決別し再生したつもりで、すっかり忘れていた。
おなじ理由で取りにいかないでいる。でも遺失物係のクローゼットはどうなる。
かなしみはそうだ。いつもだれかの栄養を欲している。うぅむ。

あした、東署、行こう。

Read More

年始マン

2019/01/03
/ / /
Comments Closed

あけましておめでとうございます。

年始もだらだらと過ごすこと、はや三日。
数日まえには一年間の『何も成さなさ』を悔いていたのですが…
いたのですが、…な現状です。
スーパーの店内で「新鮮な食材を…」というアナウンスを
『贖罪』と誤解する太宰たっぷりな雑煮で好スタートです。

ともあれ事始めにふさわしく、人生ではじめて洗車をしました。
ウォッシャー液が余っていたので、コレでいいやとタメシトテ。
泡立たないのが逆にいま風だよね、と環境気遣ってましたら冷却水でした。
かいつまんで言うと寿司に水つけて食べるようなものです。米ほどけて無効です。
二ラウンド洗車している私にご近所さんも『ご熱心ですね』と感嘆。
私といえばツナギについた緑色を隠し「えへへ」と初笑い(照)。

気をとりなおして給油に。
知らない町でスタンドぽい看板。
すべての車がピカピカ、かつこちらを向いていたので、
自動車販売業かと思いスルーしてしまいました。

墨と紙を買ってきて、書き初めの準備中です。
だいたい毎年、複数個の目標を初めているのですが、
昨年の初めを眺めながら、これほぼ繰り越しだな…と悔いています。

これ読んでるみなさん、
まだ読んでないみなさん、
そのどちらでもないみなさん。
どうか素敵な一年となりますように。
今年もよろしくお願いいたします。

いとう優歌、拝

Read More

としおちゃん

2018/12/16
/ / /
Comments Closed

宴会シーズン。
お金もとぶが記憶もとぶ。
しかし先日は記憶しかとばなかった。
タダ呑みではない。お金が『増えて』いた。

宴会の翌日のこと。こわごわ財布をあけると、お金がある。
ある…どころではない。きっかり2倍になっている。
脱ぎちらかした革ジャンをひろいあげる。
どうやら返り血はついていないみたいだ。

あつめた会費を着服したとか、
レジに手をいれたとか、
いろいろ考えたけどわからない。

警察にとどけるか?
でも「拾ったんですけどぉ」て財布から金をだすなんて奇天烈だ。
そもそも拾ったかどうかの記憶もない。

指から出血…ギターは弾いたようだ。
が、いや呑んで歌えたためしがない。

コホン。
さすがにおばちゃん待たせてるので、お会計をした。
取り出したその万券は上下でふたつに折られ、となりの札にテープ留めされていた。

何かとものいりな年の瀬の候、
ちょっとでも有る気になろうとした、
数時間前の自分に泣けた。
工作員はここにもいた。

Read More

夢ー夜(ゆめぇや)

2018/12/15
/ / /
Comments Closed

こんな夢をみた。

15歳、走り屋、不良少年。
平日の夕刻、取材をすべく接触。
紺ブレの襟から収まりのわるい襟足。するどい眼つきとともに怪しく鈍光している。

さっそく本題を投げる。
いぶかしげだった少年の表情が自信に満ち、あかるくなる。

「ナナハン、乗ってんスよ。」
自慢のそれを見せてあげる、と向かったさきはレース場。
少年は走り屋ではなかった。レーシングチームの育成選手だったのだ。
そりゃそうだ。夢のなかでも無免は家裁だ。

ひと気のない長屋のようなピットをくぐり、裏手にでる。
立ちどまる私に少年はニヤッとした。銀色のクロスを勢いよく剥がしあげる。
「バサッ!」
まさかの四輪車だった。

私は仕事そっちのけで、少年にきこえるようにつぶやいた。
「いや車でナナハンて…ほぼ『軽自動車』だから!」
きこえているのか芯がつよいのか、少年はナナハンに乗りこんでエンジンをふかした。

原付くらいのボリュウムだった。
日は完全に落ちていた。

Read More

先週のこと

2018/11/25
/ / /
Comments Closed

しし座流星群を見に出掛けた。
深夜の3時。工業団地。
あたりを眺めるが同志は居ないよう。

深夜のうれしさは文化祭の準備に似ている。
針山をあるくようにそっと、ナイショを重ねる。
この夜をしらずに眠るひとがどれくらい居るだろう。
対岸にみえる町はもう朝かもしれないな。

防寒はコートのみ。寒い。
1時間は粘っただろうか。
ひとっっっっっつも見えなかった。
流星群を見たことがないから、目が流星慣れしてなかったせいだろうか。
動体視力をきたえて次に備えよう。
仕方がないので、この星すべてが、奥から手前に流星していることにして帰った。

Read More

Untitled

2018/11/21
/ / /
Comments Closed

コンビニに行く。車を降りてドアを閉めるときパチッとくる。
あぁ今年も来たか、静電気の。
帰宅しても穴にカギあてがうだけでパチッとくる。から帰りたくなくなる。

毎冬おせわになっている、コンビニのおでん。
冷めると困る。いそいそと啜る、口をあてる。
パチッとくる。今年はおでんもだめらしい。
プラスチックの問題はここにもあった。
こんどからお皿、持って行こう。

Read More

穢されたCD

2018/11/20
/ / /
Comments Closed

いま、CDを見つめている。

銀色の、盤面のほうを見ている。
借りてきたCD、こたつから出たくなくて、
再生機にかけられない。だから見て、いる。

ドライアイが進んで目がかわく。
たまらず目薬をとりにキッチンへ降りる。
目薬をさし、ふたたびCDに目を遣りふと思う。
再生機の方が近かったと。

ボタンを押して尻を洗い流す。窓の外にふと地球をみる。
最後に尻を拭いたのはいつだったかな。

Read More

『予定』更新しました

2018/09/29
/ / /
Comments Closed

さっき、焼き鳥屋さんの窓のなかに
ラップのかかった『つぼ』をみかけました。
9割9分、秘伝のタレでしょう。
水飴の話をおもい出しました。

Read More